入れ歯

入れ歯はお口にぴったりと合ったものを作りましょう

入れ歯はお口にぴったりと合ったものを作りましょう

大阪市西区の歯医者「大西歯科医院」では、歯を失ったときの補綴(ほてつ)治療の選択肢として、入れ歯治療やインプラント治療に対応しています。保険が適用されず、外科手術が必要なインプラントではなく、歯型を採取するだけで短期間に咬める歯を手に入ることができる入れ歯治療は、まだまだ多くの患者さんが選ばれています。患者さん一人ひとりのお口にぴったりフィットする、快適な入れ歯をご提案しています。

入れ歯治療のメリット・デメリット

入れ歯治療にもメリット・デメリットがあります。ご自身のライフスタイルに合わせて最適な治療法をご選択ください。

メリット デメリット
  • 保険適用だと治療費が安い
  • 歯型の採取のみで手術が不要
  • 治療期間が短い
  • 取り外してお手入れでき衛生的
  • 咬む力がそれほど回復しない
  • 咬む力が過重負担となると顎の骨が痩せやすい
  • 硬いものを咬みにくい(保険適用の場合)
  • 使用感や見た目がよくない

保険の入れ歯と自費の入れ歯

入れ歯治療では、健康保険を適用した廉価な入れ歯と自費診療で作る高品質な入れ歯のいずれかをお選びいただけます。

保険適用の場合は、素材が限定されており(歯科用レジンのみ)、質感や使用感が自費ほどよくはありませんが、しっかりお口に合わせて調整することで快適にお使いいただけます。

自費の入れ歯の場合、使用する素材やタイプに制限がありませんので、最新技術を活用した高精度な入れ歯が手に入ります。保険が利かないため比較的高額ですが、見た目や咬み心地、使用感がよいものが作れます。ただし、自費で作成した入れ歯も長期的には顎の骨の変化や金属疲労などが原因となり、修理や作り替えが必要となります。

取り扱い入れ歯

入れ歯には、総入れ歯や部分入れ歯といった種類があります。また、その中でも、選択する素材やタイプによって保険適用・保険適用外に分かれます。

レジン床義歯(保険適用)

レジン床義歯(保険適用)

素材のすべてが歯科用レジンで作られた保険適用の入れ歯。総入れ歯にも適用可能ですが、素材の性質から、歯ぐきや歯肉に触れる部分「床(しょう)」に厚みがでてしまいます。お口の中で異物感を覚えたり、食べ物の温度が伝わりにかったりするデメリットがあります。廉価で短期間に手に入る保険の入れ歯です。

部分入れ歯(保険適用)

部分入れ歯(保険適用)

保険適用の部分入れ歯は、両隣の歯に金属のバネをひっかけて使用するタイプに限られています。見た目に不自然で入れ歯とすぐわかります。また、支えとする歯に負担がかかるのもデメリットです。

金属床義歯(自費)

金属床義歯(自費)

「床」部分を薄く・丈夫にするために金属を使用した入れ歯。お口の中での違和感も少なく、食べ物の温度が伝わりやすい、食べ物をしっかり咬めるといったメリットがあります。使用する金属は、コバルトクロムやチタンなどがあり、金属アレルギーの心配がある方には、その点を考慮したご提案をいたします。

ノンクラスプデンチャー(自費)

ノンクラスプデンチャー(自費)

特殊なシリコン樹脂製で、金属のバネではなく、素材の吸着感でフィットさせる部分入れ歯です。見た目も素材の透明感から入れ歯だとわかりにくいメリットがあります。熱に弱いという点に注意して取り扱う必要があります。

ノマグネットデンチャー(自費)

マグネットデンチャー(自費)

歯の神経を取った歯根が残っている場合、そこへ磁石を埋め込み、対応する磁石で入れ歯を固定する入れ歯です。使用中にずれたり外れたりすることもなく、しっかり固定できると好評の入れ歯です。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

インプラントの技術を応用し、片顎4本のインプラントで総入れ歯を支える方法です。

自分の歯のような咬み心地 ~インプラント~

黄ばみ・着色が気になる ~ホワイトニング~