一般歯科・小児歯科

痛みを抑えた虫歯治療

痛みを抑えた虫歯治療

大阪市西区の歯医者「大西歯科医院」では、大人の虫歯治療を行う一般歯科や、予防歯科、歯周病治療まで幅広く対応しております。
虫歯治療では、進行すればするほど、治療時に天然の歯質を削る処置が必要となり、その際に痛みを感じることも多々あります。歯科治療では、早期発見・早期治療が何より大切ですので、「虫歯かな?」と思う症状があればお早めにご相談ください。

虫歯の原因 ~虫歯のメカニズムを理解しよう~

虫歯の要因1: 虫歯菌の存在

虫歯菌は歯垢(プラーク)内部に生息しています。虫歯菌には幼少期に家族のお口から唾液などを介して家庭内感染します。

虫歯の要因2: 食後・口の中に残る糖分

虫歯菌は糖分を栄養源に「酸」を生み出します。この酸によって歯質が溶かされていく病気が「虫歯」です。

虫歯の要因3 : 歯質の弱さ

生まれつき体質的に歯質が弱い方がいます。また、唾液の殺菌力が弱かったり、歯の抵抗力が低かったりすると虫歯になる傾向が高まります。

虫歯が実際にお口の中に起こるのは、上記3つの要因が重なったときです。つまりどれかひとつでも欠けていれば、虫歯になりにくいということ。簡単で誰もが取り組みやすいのが、歯みがきです。食後にお口に糖分や食べかすが溜まらないようきちんと歯みがきを行いましょう。

虫歯菌が増殖しやすいのは就寝中ですので、寝る前にはしっかりと歯みがきを! 虫歯菌が生息する歯垢を落としましょう。また、セルフケアだけではカバーできない部分は、歯科医院の予防歯科でプロケアを活用することも大切です。

虫歯の進行段階と処置

※表は左右にスクロールして確認することができます。

進行段階 C0
初期虫歯
C1
エナメル質の虫歯
C2
象牙質の虫歯
C3
歯髄に達した虫歯
C4
末期の虫歯
C0 初期虫歯 C1 エナメル質の虫歯 C2 象牙質の虫歯 C3 歯髄に達した虫歯 C4 末期の虫歯
状態

症状
歯の表面が白く濁って見える程度で、痛み等の自覚症状はありません。 歯の表面にあるエナメル質が溶かされています。まだ痛みなど自覚症状はありません。 エナメル質の下にある象牙質まで溶かされています。冷たいもの・甘いものがしみるようになります。 歯の内側を通る歯髄(神経や血管の通り道)まで虫歯に汚染されています。何もしなくても激しく痛みます。 神経が死んでいるため痛みを感じませんが、歯の大部分が溶かされている状態。歯の根で膿むと激しく痛みます。
治療法 正しい歯みがきやフッ素塗布による歯質強化で自然に治ることがあります。 黒ずんだ患部を削り取り、詰め物(インレー)で補います。 虫歯に汚染された歯質を削り、詰め物で補い、保護します。 根管治療で歯の神経を取り、歯の根っこを残しながら被せ物で覆います。 抜歯を行い、インプラント入れ歯などで歯を補う必要があります。
PICK UP! 痛みをできるだけ感じさせない治療法
歯科治療に不安や恐怖心を抱いている方は多いのではないでしょうか。そういった方におすすめなのが、笑気ガス(笑気吸入鎮静法)を使った麻酔です。鼻から笑気ガスを吸うことでウトウトとまどろんだような状態になり、ほとんど痛みを感じることなく歯科治療を終えられます。歯科治療が苦手な方や、不安感が強い方にはおすすめの方法です。

小児歯科

小児歯科

お子さんの将来の歯の健康は、自分でケアが難しい子供時代にかかっています。つまり親御さんの努力が必要ということ。お子さんが予防の習慣を身に付けておくとよいでしょう。当院では、痛みや診療そのものに対して恐怖心が強いお子さんには歯医者さんを苦手にならないよう、工夫しながら診療を行っています。歯医者が苦手なお子さまの場合、慣れるまで半年から1年程度治療開始を待つこともあります。

乳歯の虫歯は進行が早い

乳歯の歯質は大人の歯のように強くないということをご存知ですか? 歯質そのものが薄いことに加え、虫歯に対する抵抗力が弱く、一度虫歯になると進行が早いのです。放置すると、細菌が歯の神経や根っこに到達するため、その後生えてくる永久歯が虫歯になるリスクも高まります。

乳歯の虫歯は進行が早い

子供の乳歯は生え始めの生後6カ月位から適切なケアが必要です。しかし、そんな小さなうちから自分でケアできるわけがありません。そのため、親御さんが気を付けてケアしてあげることが重要になってくるのです。

小児歯科予防メニュー

フッ素塗布

フッ素塗布

歯の再石灰化とは、歯から溶け出したカルシウムが再び歯質に吸収されることをいい、お口の中で日夜繰り返されています。この再石灰化のサイクルが乱れると、虫歯が進行します。フッ素塗布は、再石灰化作用が高いフッ素を歯に直接塗布することで、虫歯を予防する方法です。定期的な塗布が効果的で、生えたての乳歯・永久歯のいずれにも虫歯予防効果が見込めます。

シーラント

シーラント

奥歯の咬み合わせ面には、深くて複雑な溝があります。この溝に食べかすや歯垢が残ることで虫歯になりやすくなります。そのため乳歯の奥歯はもっとも虫歯になりやすいのです。シーラントは、この溝をあらかじめ歯科用プラスチック(レジン)で埋めてしまう処置です。歯の清掃性が高まり虫歯予防に効果があります。次第に削れてきますので、こちらも定期的なケアをおすすめします。

重度の虫歯に対応する治療法 ~根管治療~