歯周病治療

気付かないうちに進行している歯周病

気付かないうちに進行している歯周病

歯周病は日本人が歯を失う理由の第1位の病気です。また、歯周病菌への感染によって発症し、日本人の成人のうち約8割が罹患している、もしくは予備軍だと考えられています。そのため、誰にとっても他人事ではない病気なのです。

大阪市西区の歯医者「大西歯科医院」では、歯周病の治療とコントロール、予防ケアだけでなく、人工歯を取り付ける際に歯周病に焦点を当てた「歯周補綴(ししゅうほてつ)」にも力を入れています。

気付かないうちに進行する恐ろしい病気「歯周病」

歯周病は、歯垢(プラーク)に棲みつく歯周病菌が歯ぐきに炎症を引き起こすことから始まります。次第に歯槽骨(しそうこつ=歯を支える顎の骨)を溶かし始め、最終的には歯が支えきれなくなり抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。また、重症化するまで自覚症状がないため、気が付いたときには手遅れ…… というケースも少なくないのです。

歯周病チェック

次のような症状があれば、歯周病の可能性が疑われます。

  • 歯ぐきに赤い炎症がある
  • 歯みがきするときに歯ぐきから出血がある
  • 起床時に口の中がネバつく
  • 歯ぐきがムズがゆい
  • 歯ぐきから膿が出ている
  • 口臭が気になり始めた
  • 歯ぐきが下がって歯が長く見える
  • 歯と歯の間に食べかすが詰まりやすくなった
  • 歯を舌や指で触るとグラグラする
歯周病はお口の中だけの問題ではありません

歯周病菌は体内に入り込むとそこで悪さをし、命にも関わるような全身疾患・全身トラブルを引き起こしてしまうことが近年の研究でわかってきています。歯肉が炎症を起こした状態(歯肉炎)では、弱くなった血管内へ歯周病の細菌が入りこみます。血流に乗った細菌は、全身へ運ばれてしまいます。

歯周病はお口の中だけの問題ではありません

血流に入り込むと血栓を作りやすい性質があるため、動脈硬化や心筋梗塞、脳血管障害、アルツハイマー病などを引き起こします。また、誤って喉から気管に入り込むと、肺で炎症を起こします。高齢者の誤嚥性肺炎予防のために口腔ケアが重要であるという認知は広がっています。

さらに免疫力との相関は深く、糖尿病と歯周病は相互に悪化させる傾向にあるため注意が促されています。妊娠中の女性も妊娠性歯周炎を起こしやすく、早産・低体重児出産などの出産トラブルを招くため注意喚起されています。

また、ガン治療を受けている方への口腔ケアの重要性が注目され始めています。抗がん剤などの化学療法によってお口まわりの健康が保てなくなると、強い口内炎や味覚トラブルなどが発生し、唾液の量が少なくなる場合があります。そのようなお口の中の状態が続くと細菌や歯周病菌が繁殖しやすくなり、口内炎などの部分から全身に広がりトラブルにつながってしまいます。ガン治療を受ける前や治療中の口腔ケアでトラブルを予防しましょう。

歯周病治療メニュー

歯周病治療の基本は、歯みがき(ブラッシング)による、プラークコントロールです。ただし、ブラッシングでは落とせない歯石などの汚れは歯科医院で専門家の手で除去する必要があります。

スケーリング

スケーリング

スケーリングは、歯にこびりついた歯石(歯垢が石灰化したもの)をスケーラーと呼ばれる専用器具で丁寧に取り除く方法です。歯石の表面はガサガサしており、歯垢の再付着を招くため、しっかり取り除く必要があります。歯石は毎日のブラッシングでは落ちないので、歯科医院での適切なケアを定期的に受けることが大切です。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

歯石は歯の表面にのみ付着するのではありません。歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットと呼ばれる溝の奥にも入りこみます。この溝は歯周病の進行によりどんどん深くなってしまいます。この溝の深さを測定することで歯周病の指標とするほどです。歯周ポケット内部にたまった歯石はルートプレーニングでしっかり取り除いた後、歯根面をツルツルに仕上げ、汚れの再付着を予防します。

PICK UP! 当院が重視する歯周補綴とは?

重症化した歯周病では歯がグラついて、なかなか治癒に向かわないことがあります。歯周補綴(ししゅうほてつ)では、グラつく歯を被せ物などで連結させ強度を高め、使用に耐えうる状態にしたり、その間に歯ぐきの健全性を高めたりする治療のことです。

当院では、審美歯科治療の際にも、歯周病を踏まえたご提案をしています。どんなに高品質で美しい人工歯(詰め物・被せ物・差し歯など)を取り付けようとしても、歯を支える歯周組織が悪ければ長持ちしません。末永く健康にお口を維持していただくためにも、歯周補綴を踏まえた治療を行っております。

健康な歯・健康なお口まわりのために ~予防歯科~