大阪市 大西歯科医院 審美歯科大阪トレンドガイド

セラミック治療について

虫歯などで、歯の一部が損なわれてしまった時には、その部分を補うために、かわりの材を詰めたりかぶせたりします。
従来はその際に、銀色の金属が用いられることが、ほとんどでした。
いわゆる、銀歯と呼ばれるものです。
しかし最近、銀歯では印象が好ましくないという理由から、白い材料で歯を治療したいというニーズの高まりから、セラミックを選択する方が増えています。
また、お口の中の金属によって、アレルギー症状が引き起こされる場合があります。
陶材であるセラミックは、金属を用いない治療が可能です。

セラミック治療について

金属アレルギーや水銀による人体への影響を考慮して、セラミックで歯を治療する方も、増加しています。
セラミックは硬度が高く丈夫で、長く使用しても変色することがありません。
歯の欠けた部分に対して、辺縁を精密に作成することができるので、虫歯の再発を起こしにくいいという特徴があります。
セラミック治療は色に透明感を持たせたり、光沢が出せるので、本物の歯と比べても全く違いが分からないほどです。

セラミック治療について

セラミック治療の中でもっとも人気があるのが天然歯に近いオールセラミックです。一切金属を含まないため、とても自然で美しい仕上がりです。この素材は、ただ白い色を作るだけでなく、天然歯の微妙な透明感やその人にあった歯の色を再現し、審美的・機能的回復が可能となります。また、かぶせるタイプなどは歯並び、歯の形を同時に治せることでも人気があります。
セラミックの治療には特殊な技術や材料などが必要となるため、症例数の多い、 審美を専門としている歯科医院でないとなかなか難しい問題があります。治療する歯の形、大きさ、歯並びなど、その内容にあわせて製作しています。