大阪市 大西歯科医院 審美歯科大阪トレンドガイド

20代からの審美歯科

20代の審美歯科は美容感覚

20代の女性はエステ感覚で審美歯科を行う方が非常に多いです。8割以上は容姿を気にして、審美歯科治療を受ける方です。その症例は様々ですが、黄ばんだ歯を削らずに改善したいとホワイトニングをする方、差し歯で他の歯と色が違ったり、歯茎の色が黒ずんでしまった方が、オールセラミックスで天然の歯と変わらない輝きを取り戻しています。
20代の方が、ダイエットに励んだり、エステに通ったりするのと同じ感覚なのでしょう。
実際口元というのは、非常にその人の印象を変えます。これは20代に限った話ではないと思いますが、どうしても異性からの視線を意識してしまいますよね。
その点で考えると、ある意味では「エステ」や「ダイエット」以上に、見た目に影響を与えるのが「審美歯科」なのです。

20代の審美歯科は美容感覚

ただ、見た目だけを意識していても長持ちはしません。
噛みあわせを正し、歯並びを良くすることで身体的にも精神的にも、大きな影響を及ぼすのです。最初の目的は外見的な美しさであっても、結果的に自然に笑顔を作ることができ、コンプレックス解消につながり、「かけがえのない人生を手に入れた」というケースも少なくありません。

20代の審美歯科はこういった方に人気です

  • 大学生
  • スチュワーデス
  • 接客業
  • 販売業
  • 営業マン

学生から、OL、見た目が気になる職業の方まで多くの方が来院されています。